ピンポン選手権~黒猫の悲願~

ダブル

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは

管理人のえーやんです

我が家のお騒がせコンビ「チームオセロ」!!

またこの2にゃんが魅せてくれました!!

まさかのピンポン選手権の開催!!

ついによもぎの悲願が達成されるか!?

熱き戦いピンポン選手権!!

あなたは知っているだろうか…!?

ピンポン選手権を…

これは我が家のお猫さんが始めた競技である

相手の頭や額をピンポンするだけ

ただそれだけの熱き戦いが既に2回も開催されている

2戦2勝と勢いに乗る白きサムライ・クルミ!!

圧倒的実力でよもぎを完膚なきまでに…

対するよもぎは2敗と黒星が付いてるものの

若さ溢れるバイタリティーで果敢に

クルミに負けまいと前に前にの精神で攻めるが

ピンポンされたい放題の記憶は新しい…

まだの方はこちらからご覧頂きたい

真剣な姿を笑ってこらえて!!

始まりは睨み合いから…

なにやらただならぬ雰囲気が漂っている…

リビングと猫部屋の境界に近い場所で…

やや猫部屋よりの場所に猫密度が高い場所が…

チームオセロ…

この2にゃんが揃うと

ただでは済まないだろう…

壮絶なる戦いとなるのは必須だ

だがまだ睨み合い程度の段階なのか

一瞬カメラに視線を送る2にゃん…

なによ!?

何かの儀式なのだろうか!?

それとも始まりのサインを送ってくれたのだろうか!?

しかしなんとも悪い顔をしているサムライ・クルミ

一方警戒心満点イカミミ状態の黒の豪傑よもぎは

いつでも来いという雰囲気を漂わせていた

これから何が起こるのか目を離すことが

出来ないと思ったその時!!

不意にクルミが手を伸ばした

その先にはよもぎの

広くもなくそこそこ平らな頭を!!

ピンポン!!

見事なピンポン!!

どうやらまた始まるようだ…

あのピンポン選手権が…

ピンポンラッシュ!!

突然の事でちょっと驚いた管理人

呆気にとられたのはよもぎも同じだったようだ

しかしクルミは止まらない!!

相手の隙を突いて脳天に振り下ろすような

天空から落ちる様なピンポン!!

見事なピンポン…

絶妙なタイミングと素晴らしい精度で

綺麗によもぎの頭を押すクルミ

間髪入れず次の攻撃を入れるが3発目はヒットしなかった

シュッ!!

しかし交わされたからといって止まるクルミではない

さらなる一撃をよもぎの脳天お見舞いする!!

ピンポン成功!!

会心のピンポン

怒涛のピンポン

電光石火のクルミ

さすがだ…

しかしここで少し距離をおいた2にゃん…

どちらも退く気は無いようだ

睨みあう両猫…

しかし腰が引けてるようにも見えるよもぎ…

逆に余裕のクルミ…

さすが歴戦の強者…

ここで視点を変えてみよう

後ろ視点から横視点へと移動しようした時!!

カメラ目線「上目使い」

よもぎは管理人の行動が近位なったようだ…

そしてまたもカメラ目線を

ちょっと悔しそうにも見えるよもぎ

まだ負けてないぞ!!

諦めるな!!

そのままカメラを決めた位置に移動させていると…

長押しピンポン!!

この角度からは見えずらいが…

クルミがまたも動いた!!

頭頂部に近い所を長押しされてるよもぎ…

だが微動だにしない…

押し続けるクルミ

何かでてくるのだろうか…

しかしカメラを移動させ終えた時には

押すのをやめていた

するとクルミは!!

ふんっ!!チョロいわね~

なんとグルーミング中!!

クルミ
クルミ

ふんっ!!

押しやすい頭してるわね~

チョロいのよ

世界の広さをしりなさい!!

よもぎ
よもぎ

くっそ~

今に見てなさいよ…

余裕のクルミ

イカミミのよもぎ…

覇気は途切れることなく

暫く沈黙と睨み合いは続いた

クリティカルヒット!!

しかし沈黙を切り裂いたのは

クルミの一撃だった

相変わらずの早業ピンポンを

よもぎに食らわせる

ほらほら~

かなりの余裕が感じられ落ち着いた動作で

お見事!!

と、

しか形容できないピンポンでよもぎを

圧倒している

さすがに凹んできたのかよもぎは

心なしか腰が引けているようにも見える

そして迷いも…

迷いが不用意な行動を起こさせたのだろう…

隙だらけで近づきすぎたのだ…

クルミはその隙を見逃すはずもなく…

やる気案あんの!?

思いっきりピンポン!!

とても楽しそうなキャッチフレーズが浮かぶが

本猫達は至って真剣である

ピンポンされまくっているよもぎ…

それでも引かない!!

一度態勢を整えクルミと対峙する

さてさてどうなる事やら…

立技VS寝技

しっかりとした猫背を披露したよもぎ

どうやらここからは立技で挑むようだ

クルミはいつもながらの寝技だ

永遠のテーマだろう…

どちらが強いのか…

どちらにもメリット・デメリットはあるだろう

だがやはり最後は気持ちだろう…

この議論はいつかの機会にするとしよう

ここでは語るまい…

立技で行くと決めたよもぎだったが

容赦ないクルミのピンポンに攻められずにいた…

そして秘技まで飛び出した!!

秘技カニバサミピンポン!!

大きく伸ばした両腕が

上下からよもぎを襲った!!

下からのピンポンは当たらなかったが…

まだ引かない!!

心は折れていないようだ

劣勢を覆すためによもぎも攻勢に出る!!

軽いジャブを繰り出し相手の隙を伺う

タッチする2にゃん

しかし隙は生まれず…

逆にクルミのフルスイング猫パンチが!!!

轟音と共に振り下ろされた

間一髪かわすことに成功したよもぎ…

当たれば一溜りもないように思える猫パンチだが…

意外と優しいピンポンするクルミ

激しさと優しさは紙一重のようだ…

そしてまたけん制でお互いに様子見

2度、3度とお互いの拳を交えていた

しかしよもぎは耐えられずに頭を下げたその瞬間!!

隙あらば!!

天空から降り注ぐようなピンポンが

よもぎの頭を襲った!!

しかも長押しタイプのピンポンが…

それでもじっと耐えるよもぎ!!

だがクルミはここでまたあの技を!!

完璧!!

頭と顎の両方を挟むことに成功したクルミ…

これは決定的だろう…

よもぎも良く耐えた

だが今回はここまでだろう

まだ、終われない!!

完璧にカニバサミピンポンを極められたよもぎ

だが終わらなかった…

極められながらも後ろへと身を引いたよもぎ

何とか外すことに成功した

一方クルミは外されたことにより態勢が

崩れてしまった

そこへなんと!!

悲願の一撃!!

よもぎのピンポンが炸裂!!

地を這うピンポンが見事に決まった

ついにやったぞ!!

よもぎ!!

驚いたクルミは…

やられた~

ひっくり返った!!

ここでさらなる奇跡が!!

こんにゃろ!!

間髪入れずにもう一撃!!

ピンポンが炸裂したのである!!

驚いた…

よもぎ
よもぎ

しゃー!!

どーじゃい!!

みたか!!!

クルミは焦っていた

まさか2度もピンポンを喰らうとは…

よもぎはというと…

少し安堵した風にも取れた…

だがその気のゆるみを狙われた

3度目のカニバサミピンポンで逆襲された…

クルミも負けていない…

ここで両猫再び距離を取った…

さすがに体力の限界か!?

しかしお互いに覇気は衰えていない

唸るよもぎの尻尾

sa優に振り周囲には暴風が

吹き荒れる様な感覚に陥りそうだ…

その時だった

どうした!?

急に振り返るよもぎ!!

それ様を見つめるクルミ…

何があったのだろうか…!?

急にその場から立ち去ったよもぎ

遠くに追いかけるでもなく

その場にいるクルミ

どうやら今回はここまでのようだ

おわりに…

いかかでした!?

今回もまた白熱した戦いが繰り広げられました

そして何よりよもぎのピンポンが成功したことに感動しました

新たな発見として攻めに強いクルミも

打たれると意外と慌てることが分かりました

でもそこで終わるクルミじゃないことも…

またいつか繰り広げられるピンポン選手権を楽しみにしたいと思います

最後まで読んで頂きありがとうございました

管理人のえーやんでした

ポチっとして頂くと喜びます

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました